メニューへジャンプ 本文へジャンプ

こだわり

本文の開始

薄いだけではなく使いやすさを追求した財布

「DULLCAT」は財布を使う方の気持ちを考えた構造設計

「DULLCAT」は金属部品を一切使用せず、薄型軽量コンパクトでスリムな財布ですが、徹底的に使いやすさを考えぬいた財布です。

  1. @ カードレシート入れ、A 小銭挿入口
  2. B 財布中央部、C 小銭受け皿
  3. D 小銭ストッパー、E 紙幣挿入口

dullcat使用説明イメージ

コインストッパー付きで小銭が数えやすく取り出しやすい。

薄型財布をお使いの方で「小銭の出し入れがしにくい」、「数えにくい」といった方はいらっしゃると思います。
この「DULLCAT」は「小銭ストッパーD」、「小銭受け皿C」付きで、小銭ストッパーを起こすと自動的に小銭受け皿に凹みができそこに小銭をスベらせます。
「まるで手のひらに、小銭を広げたよう」な感覚で小銭が数えやすく簡単に出し入れできる構造になっています。

dullcatコイン取り出しイメージ

皮革が折れ曲がる構造になってお札が取りやすい。

薄型でコンパクトな財布はお札の出し入れがしにくいのでは? と思う方もいらっしゃると思います。「DULLCAT」はナッパ革を使用しているため、皮革が折れ曲りやすくお札が見やすく取り出しやすい構造です。 紙幣の出し入れは小銭ストッパー部を持ちます。収納は下側の切り込みが大きくなっていますので、紙幣の中心部を持って財布中央部まで指を添えて収納してください。

dullcatお札取り出しイメージ

 

ご購入はこちらから

 

ページの終了